カテゴリ:お店について( 17 )

ブリコルールの店名について

こんにちは。
「ブリコルール」も先月、開店より11年が経ちました!
ひとえに皆様のおかげです!!いつもありがとうございます^^

さて、今月、NHK Eテレの『100分de名著』にて、この「ブリコルール」ということばを使わせていただいた基となる書籍を読み解く内容が放映されます。

「ブリコルール」は、「ブリコラージュする人たち」という意味で、わたしも良くはわかっていないのに使わせていただいていますが、とても広い意味合いを含んでいると思います。ありあわせの、道具、材料を用いて自分の手でものをつくる、といった意味合いで、日曜大工とも訳されることばです。(詳しくは当ブログ内「お店について」のカテゴリーにて以前書きました)
これを機に改めて勉強していきたいと思います。

このことばはいま、私たちの生活に欠かせないものだと考えます。私たちは、皆、少なからずブリコルールなんだと思います。もっともっと、重要なことばになっていくかな、って感じます。

毎週月曜(12月5日・12日・19日・26日)夜10時25分より。
12日の第二回放送にて、ブリコラージュについての内容がでてくるようです。

f0024822_134631100.jpg

[PR]
by bricoleurs | 2016-12-01 13:56 | お店について | Comments(0)

とにかく、まいにち

ブリコルール10周年を迎えて思うことです。
f0024822_2341406.jpg



よく見ているサイト「ほぼ日イトイ新聞」の中で、糸井重里さんが吉本隆明さんの話として紹介していたお話を、紹介させていただきます。

それまでにも幾度となく紹介していたのでこの本も読んではいたのですが、このお話が改めて紹介されたのが2008年、お店をはじめて2年半くらいの頃、とっても印象深く感じたのを覚えています。

詳しくはこちら↓

<吉本隆明さんの語った
「10年、毎日続けたらいっちょまえになる」の話
(前編)>
と、

<(後編)>


曲りなりにも、ですが、こうやって続けてこられたことって、恥ずかしながら今までなかったもので。。。
ほんと、おかげさまです^^

とにかく、まいにち。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします^^



[PR]
by bricoleurs | 2015-11-13 23:11 | お店について | Comments(0)

10周年!

おかげさまで、当店は11月3日で10周年を迎えます!
それを記念して、11月3日より、来年2016年10月末日までの期間中、合計10,000円以上お買い上げいただきましたお客様に、オリジナルトートバッグをプレゼントさせて頂きます☆
500円ごとにスタンプひとつ押します。
なお、バッグには数に限りがございます。
A4も楽々入ります。エコバッグにも、また羊毛をお買い上げの際にもぜひお持ちくださいませ^^
お待ちしてます!

f0024822_01377.jpg

イラストby opera


f0024822_012283.jpg


[PR]
by bricoleurs | 2015-10-30 23:59 | お店について | Comments(0)

9周年!

おかげさまで、お店をはじめて丸9年が経ちました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますemoticon-0139-bow.gif
f0024822_23533045.jpg
(↑こちらは、道新文化センターの冬休み親子講座にて制作するひつじさん。)

************************

まあ、いろいろありました。。

ひとつ今考えたことは、自分は、”いついつ”までに”なになに”しなくちゃ、って義務的な思考は合っていないんだな、って。それでいくつも失敗しました。たとえば、年内に片づけてしまおう、とか、変に決めてしまうと、納得のいかないものに対してまで、妥協して、大きなものに流されて、決断をしてしまう。
それで後になって、あの時はそうやって無理やりにでも決めてしまわないとならなかった、とか言って自分に言い訳をしてしまったり。
もちろん計画的にするのが得意な人もいるでしょう。目標を持っていつまでに何を達成する、そういうのも、合っている人にはいいのでしょう。ただ私にはいまいち。。
人に「こうしたほうがいいよ」って言われて、素直にああそうか、って思って行動に移すこともあるし、でも「ん?」って思うこともあるし。前者の場合、よくない結果になったとしても、納得してやったことだから、反省もするけど、後者の場合、やっぱりまだその時期ではなかったのかな、って思うことも多かったり。なんていうか、自分の直観て、研ぎ澄ましていないと鈍るな、って。「ん?」って感じること、大事だな、って。人の意見を聞くことは大事だけど、そこに自分がいないと、やっぱりいけないな、って。
「今でしょ」は、背中を押してはくれるけど、船がなくっちゃそのうちバテるし、「まあいいか」、もなけりゃそのうちしんどくなるし。なんていうか、「今でしょ!」ってガンガン行く人にはなれないなあ、って、やっぱつくづく思ってしまいます。。今じゃなくても、そのうちやることにはなったりするパターンもあるんだし。自分には、自分だけの「今」があるわけで。
まあ、人の意見も聞きつつ、直観とか、「ん?」って危険信号とか、そういうのも大事にしながらやっていきたいな、って考えます。



[PR]
by bricoleurs | 2014-11-05 01:07 | お店について | Comments(4)

おかげさまで8周年

f0024822_2237769.jpg

今年もジャンボクリスマスツリーが点灯しております。

そしてブリコルールも、おかげさまで、オープンして8年が経ちました。
皆様いつもどうもありがとうございます!




[PR]
by bricoleurs | 2013-11-03 23:26 | お店について | Comments(0)

店内改装

f0024822_0594542.jpg
タイヘンご無沙汰をしてしまいました。。

いろんな動きのあった、この一か月。

こんな変化もありまして。



←棚、制作中です。↓

f0024822_1414834.jpg

↓ こんな感じになりました。

糸を並べる、棚です。講習用に、広めの机も作りました。
f0024822_10297.jpg


いろんな糸を、販売していきます。

並べてあるのは、小分けにした、糸。

キラキラしたのや、クリクリしたのや、ボコボコしたのや。

棚は、まだガラガラ。。(とりあえず他の商品で棚埋めてます。。)
今後、手紡ぎ糸をたくさん作っていきたいです!
変わり糸と一緒に紡いだり、なんか幅が拡がりそう。楽しみです。

ドラムカーダーも設置したので、カードサービスもしていきます♪
f0024822_0594993.jpg

ちょっとずつ、楽しみながら、変わっていきたいな☆
[PR]
by bricoleurs | 2012-07-21 23:58 | お店について | Comments(5)

4年が、経ちました

『ブリコルール』というお店をはじめて、4年が経ちました。
おかげさま、です。ほんとにありがとうございます。

「ブリコルール」に”なる”べく、いろんなモノをつくっていきたいと思います。

これからも、よろしくお願いいたします。

*****
こちらのカップ↓は、お隣の「陶楽」さんで購入したものです(表から、反対から、の画像)。
間伐材であるところの、唐松を薪にして焼いたもので、火の当たり方も関係して、いろんな表情が出ています。
気に入ってます。しっくりくる逸品です。
f0024822_0112188.jpg
f0024822_011294.jpg



******
先日、「ブリコルール」というコトバに関わりの深い方が、お亡くなりになりました。
このコトバに出会えてよかった、そう思います。
謹んでご冥福をお祈りします。
[PR]
by bricoleurs | 2009-11-04 23:59 | お店について | Comments(3)

3年。店名”bricoleurs”(ブリコルール)について。

おかげさまで、開店して、11月3日で、まる3年になります。

本日は、店名について、ちょっと。

「bricoleurs」とは、フランス語で「bricoleur」の複数形(S、は発音しないから、カタカナ表記同じ)。「bricolage」(ブリコラージュ)する人、のことです。このコトバ(bricolage)は、器用仕事、とか訳されてたりします。

このコトバは、広く使われているようですが、単純にDIY的な使い方をされることもあったり、日曜大工的なことをされたりもするようです。(たまにフランスからの方が通ると、お!、って言ってたりします。)

人類学者のレヴィ=ストロースが著書『野生の思考』でつかったこのことばに、ほかの学者の書籍を通して出会い、これは!、って思って、もしなにか自分でやるときは、これに関係したコトバにしようかな、なんて考えていました。

「職人」、ということばに近いようだけど、ちょっとちがう、そんなカンジ。

永六輔さんはよく、「人は職人であれ」というようなことをおっしゃってます。それには同感。なんでもいい、なにかに秀でなくてもいい、そのココロをもちあわせることが大切なんだ、って(確かどこかでいってたな~)。職人ということばについては、深いコトバなのでここでは触れませんが…。

前掲の書籍では、神話の研究を論じるところで用いているのですが、そのコトバが、すべてに大きな筋のように通っています。

「ブリコルールとは、玄人(くろうと)とはちがって、ありあわせの道具材料を用いて自分の手でものを作る人のことをいう。ところで、神話的思考の本性は、雑多な要素からなり、かつたくさんあるとはいってもやはり限度のある材料を用いて自分の考えを表現することである。何をする場合であっても、神話的思考はこの材料を使わなければならない。手元には何もないのだから。したがって神話的思考とは、いわば一種の知的なブリコラージュ(器用仕事)である。」(前掲書、22頁)

引用が長くなるんで、これだけにしますが、ブリコルールとは、アレがないからできない、これでなきゃできない、ではなくて、ありあわせ(もちあわせ)の、限られた、材料道具を用いて何とかする、そんな人たちのことでもあります。その、もちあわせを構成する要素としては、けっこういろんなところで、お、これは使えそうだ、とかいってしだい次第に増えていってしまったガラクタ的な(だと思っていた)ものなんかもそれであったりするのでしょう。
本来は、「これにいいなー」、なんて考えてとっておいたもの、買っておいたものが、思わぬところでしっくりきたり、まあ、計画なんて、あってないようなものでもあったりするわけで。

そんな感じで、まあ、わたしたちは、「”ブリコルール”でありたい」なんて思ってます。

(”職人”というには恐れ多く、”作家”というにははずかしく…。だから、ワタシはその、意味の広い、境界をゆらゆらしているカンジの、かつあいまいさも多少なりともある、このコトバが、しっくりくるのであります。)

こじつけかもしれませんが、この店では、羊毛という、限られた材料を用いて、自分の手で、自分なりのものをつくる、というそんな考えなのであります。
でも、たまたま、ここではそれ(の一部)が羊毛である、というだけであって、あくまで考え方のひとつにすぎないわけで、まあ、。

そこには、自分でつくる分には決まりなんてありません。融通が利く、そんな素材でもあるから、アレをつくりたい、と思ってつくりだしたものが、まったく違うものになったからって、がっかりなんてしません。計画してつくり始めたものが、違って見えてきたら、そっちにいってしまうなんてこともしばしば。そこが、面白さでもあり、魅力でもあります。
かたちも、感触も、好みもあります、決まりなんてない。決まりをつくってしまったら、きっとつまんなくなるもんね。(だから最近の、キットやフェルト手芸セット的なものにはちょっと…。)

羊毛は、ただのひとつの材料です。そうです、数ある中の…。まあ、それに偶然にも出会ったわけで、だからわたし自身も、そのひとつの要素であったりするのです。

もともとは、羊毛も、ワタシも、あなたも、それも、これも、…。

ともあれ、今後とも、よろしくお願いいたします。

(相変わらずいつも消化不良な文章でスミマセン…)
[PR]
by bricoleurs | 2008-11-01 23:26 | お店について | Comments(12)

看板、新調しました。

f0024822_23333860.jpgこれ、2時間ちょっとで、できました。→

以前に、キーケースをつくったことのあるお客さんですが、寒い冬を乗り切るために。

時間的に、片方だけかな~、って覚悟でしたが、やればできました!

おつかれさま~。


f0024822_23453357.jpg
f0024822_23454317.jpg
クリエイターズステージの各店舗それぞれに、つくりました。
けっこう、イイ。

f0024822_23425443.jpg

[PR]
by bricoleurs | 2008-08-19 23:47 | お店について | Comments(2)

そういえば、なこと…

サッポロファクトリーのクリエイターズステージにてお店を始めて、丸2年が経ちました。

おかげさまで、です、ほんとうに。ありがとうございます。


本日も少しハナシしたのですが、計画性って、それなりに必要カモ、って感じております。

なんか、話してて、考え方が似ていて、おもしろかったのですが…(失礼!)。
期日のわかっているもの、そういうもの、結局やらなくちゃならないわけで、いや、やらなきゃやらないで済んでしまうかもしれません、でも、やると決めててやらなくちゃもっといやで、実際やるのって、結局最後の2日くらいで、あー、もっとはやくやっとけば問題点とかみつかって改善もできたはずなのに、とかいって、あーだこーだ、そんなことの繰り返しなワケで、なんて学習しないんだー、とかいって…。いや、実際こういうの、性格だもんなー、とかいって片付けていたというか、でも、まあ、そんなこといってこれまですごしていったわけで、だからちょっとだけ変わろうかなー、自分、なんて考えたりしている本日の、というか、最近のワタクシ…。まあ、実際には、「だってこっちのほうがおもしろいんだもーん」ってことを優先してしまったりしていたわけで、まあ、そっちもやって、こっちもやって、って感じで、無理のないような、でもやるべきことはしっかりやる、ようなふうにやっていきたいな…(理想)。

まあ、こんなワタクシにとって、羊毛は、あれもこれも、フェルトも紡ぎも、その他いろんなことができて、飽きのこない素材で、まだまだいろんな可能性があるはずのもので、まあ、それなりに合ってるのかな、なんて思ってきたりしてます。ひとつのものを(同じものを)つくり続けることがショウに合ってないことは、わかってます。でもなんだろ、羊毛というひとつの素材でありながら、ああもできる、こうもできる、そんなことが不思議であり、おもしろくもあり。もちろん、型にはまったものもつくっていくし、はまってないものもつくっていくし、おんなじものもたぶんつくるし、でもおんなじものなんてないわけで、…。(あー、ややこし。)
知らないからこそできること、ってあるわけで、そんな新鮮なキモチで、これからもモノづくりをしていきたいと思います。

まあ、思い起こせば2年前、そもそものはじまりも、計画のない状態から乗り出したようなもので、だって考えてたら何もできないことはわかってる、このワタクシ。このときばかりはとりあえずやってみるか、と。だから、まあ、上記↑のような理想は掲げましたが、そういうこともかんがえて、新たなスタートとしたいとおもふ今日のことでした。

あ、本日も、伝達事項などあったのですが、他に他愛もないことばかり話してて、あとで、「あ」って思ったり。ゴメンなさい。「ひとこと多いわりに、肝心なことは忘れてる…」そんな心境。あ、ここは、改善しなくちゃ。

あれ、なにについてのことだったか、いろんなとこに飛びすぎて、よくわからなくなりましたね…。お気になさらず…。

いろいろアドバイス等お待ちしております。あ、でもあまり実行に移してないですね…。ここも、改善ポイント。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
f0024822_043235.jpg

[PR]
by bricoleurs | 2007-11-02 23:25 | お店について | Comments(4)