念願の、といわれると、うテれしい

f0024822_7522132.jpg木工やら、いろいろな趣味をお持ちで。

以前からやりたいな~、と思っていたフェルトのモノを、本日初めて作製。

携帯電話の、入れ物。

大通公園で先日開催されたクラフトマーケットにて、キーケースをご購入されて、早速ご来店いただきました。

首からぶら下げることができるように、ひもつけたり、ぼたんつけたり、と、計画。
いろいろ工夫してみてくださいね。



本日はほかに、スピンドルの講習も、しました。
編み物をいろいろとしている方で、スピンドルはあるけれど、なかなかできず…、と、本日意を決してご来店。

ゆっくり、でも確実に、できてました~。あとは、慣れ、だと思います。

えー、弘法筆を選ばず、といいますが、やっぱり、つかいやすい、つかいにくい、って、ありますね、、、。もちろん、道具の慣れ、とかもあるのでしょうがね。

道具とか、そのまま使えればいちばんいいのだけれど、やっぱり、つかいやすいようにアレンジします。こういうもんかー、とおもってつかっていると、「そういうもん」で終わってしまうけれど、そうか!といってちょっと変えるだけで、けっこうつかいやすくなったりするから、そのちょっと、の発見が、侮れない。(でも、こうすればいいだろう、と確信を持って加工したら、かえってつかいづらくなって失敗したり…、も多々あり)

あと、たまにあること…これがつかいやすかったから、と思って発注したら、もう製造中止になっていたり、この大きさがいい、とおもってお店さがしてもないから、と思って尋ねると、廃盤だったり…。あ、羊毛の色とかも、おなじか…。ま、なきゃないで、なんとかいってるから、。

まあ、いろんなこと、原点はナンダロ、そんな感じ(キモチ)が、基になっていくような、気がします。
[PR]
by bricoleurs | 2008-10-04 23:45 | 講習会にて(~2012年3月) | Comments(0)
<< 実用品も、イイ 同級生 >>